« 昨日のコメントに対する回答 | トップページ | ままごと »

2009年12月19日 (土)

コメントに対する追加回答

前回の記事の後も、たくさんのコメントをいただきありがとうございました。
お伝えできなかったところもありますので、今日は補足させていただき、コメントへの返信とさせていただきます。

入園を希望する前提条件として、
ミーナと同じように呼吸器を付けてたんの吸引が必要なお子さんが他の自治体で安全に通われていた例や、実際にうかがったお話、そして現在のミーナの健康状態も踏まえ、看護師の付き添いなどの条件が整えば、ミーナが保育園で安全に生活できると判断して、入園を希望しています。健康状態に不安があるのならば、入園は希望しておりません。
感染などのリスクについては、呼吸器にはフィルターがついており、吸引時に清潔を心がければ、感染のリスクは他の児童と同等またはそれ以下と聞いています。

入園の条件に関しては、他のお子さんと同じです。
立川市では、様々な条件から点数を付け、ポイントの高い人から入園できる仕組みになっています。しかし重度の障がい児を受け入れていないことから、署名活動をして受け入れを求めているところです。
仮に重度の障がい児の受け入れ体制が整ったとしても、ポイントが低ければ待機児童となってしまいます。
私たちは、両親が共働きで、祖父母も遠方ということで、入園を申請しています。
共働きを必要としているのは、他の多くの家庭もそうであるように経済的に将来に大きな不安を抱えているからです。

障がい児が通う通園施設や特別支援学校に関してですが、
障がい児が通う通園施設へは、現在でも週1回ですが、とても楽しく通っています。
しかし、障がいの有無に関係なく一緒に育つことは、実際に重度の障がいを持って保育園や幼稚園へ通われた方々の話を聞くなかで、大きな意義があると思うようになりました。
また、通園施設では、保育に欠けることが条件ではないため、保育時間が短く、親の就労が困難という理由もあります。

看護師の付き添いの要望にあたっては、
保育課との話合いをしてきた中で、当初は、ヘルパーの派遣制度が保育園で利用できないかというところから模索しました。しかしヘルパーは通学や通園に使うことができませんでした。また法的な面(ヘルパーの吸引は厚労省の容認はされていますが、法律では医師、看護師でないとできません)からも、ヘルパーではなく看護師に付き添ってもらったほうがよいということになりました。
看護師を自分たちで雇うことが可能かということも考えました。しかし、それは自分たちの収入以上の負担となってしまうこと、またお金があれば障がい児も保育園へ通えるというのでは公平ではなくなってしまいます。家に来て下さっている訪問看護師さんも、助成制度があるから来てもらえています。
そこで、自分たちが看護師を雇うにしても何か助成制度がないかと探しましたが、該当する制度はありませんでした。
また、調べていくうちに、医療的ケアが必要な子供が、看護師を加配してもらい、保育園へ通われていることを知りました。そして、最近ではそういった例も増えてきていることも分かりました。
このような背景から、立川市でも看護師の加配をして頂けるよう要望するに至りました。

今回の要望がきっかけとなり、重度の障がい児受け入れの体制作りへとつながることを願っています。それは、清水立川市長が力強くおっしゃっていた「ユニバーサルな社会」への一歩になることと信じています。
そういった整備がされれば、後に続く方がこんなに大変な思いをすることもないと思います。

追記
保育園の保育士、保護者の不安に対して、
署名活動を始めた10月10日の運動会の日に、園の入り口で要望の内容と背景を説明した署名用紙を配ることにより、ミーナが保育園への入園を希望していることを知らせました。
今までの前例などからも、一緒に生活する中で不安は少しずつ解消されてくこととは思いますが、ミーナが通えるようになった際には、保育課、保育園と相談しながら、保育士や保護者の方への説明資料を作成するなど、対応していきたいと思っています。

|

« 昨日のコメントに対する回答 | トップページ | ままごと »

保育園」カテゴリの記事

コメント

はじめまして

NHKのニュースを生でみましたよ~
いつもはあの時間フジTVを見ているのに、なぜかあの日だけはNHKをつけていたんです
それで、なんか署名した内容と似てるな・・・なんて思っていたら、ミーナちゃん本人でしたので驚きましたhappy01

署名4万人以上集まったのはすごいですね。
それだけ、多くの人が、保育園に入園できるのが当たり前だ!と思っているということです

私の市は、公立の保育所には看護師がいます。
普段は保育の応援をしています。
立川市は看護師さんはいないのですね。
なので、うちの市では吸引が必要な子どもも普通に入所しています
私の子も発達が遅く、他のお子さんより手がかかるので、最初のころ「保育士さんの加配は要請しなくて大丈夫ですか?」と、保育所の所長先生に尋ねたところ
「体位移動などに数名の保育士が必要なような場合には要請もしますが、今は主任や看護師などみんなで保育していますから、大丈夫ですよ」
と逆にいわれました。

だって、公立の保育所って生後9週目の赤ちゃんから保育しているんです。
手がかかるなんて、当たり前です!という感じでしたよ。

だから、立川市はちょっと遅れていると思います

ニュースをみて、ミーナちゃんの自分の病気を含めしっかり受け止めて前をみている目がとってもステキheart04でした
ホントご両親より、しっかりしているように感じました(ごめんなさい!)
そんなミーナちゃんが、普通に保育園にいけないわけはないと思います
ご両親はいろいろお疲れと思いますが、良い経験になると思いますのでがんばってくださいねlovely

投稿: ishizaki | 2009年12月20日 (日) 02時59分

希望保育園には看護師がいます。
しかし、園の看護師は、全ての子どもをみる必要があり、ミーナに多くの時間をかける訳にはいかないということで、別途付き添いの看護師をお願いするに至りました。

投稿: kan | 2009年12月22日 (火) 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昨日のコメントに対する回答 | トップページ | ままごと »