« 要望書および署名の提出 | トップページ | コメントに対する追加回答 »

2009年12月17日 (木)

昨日のコメントに対する回答

昨日のブログへは様々なコメントをありがとうございました。
説明不足な部分と、記事からの内容での誤解などがあると思いますので、本日のブログでコメントへの回答とさせていただきます。
なお、明らかに嫌がらせとしか思えないコメントは削除させていただきました。
申し訳ありませんが、今後、コメントは内容確認後に公開し、不適切なコメントは非公開とさせていただきます。

人工呼吸器を付けて、医療的ケアが必要な子どもが、他の自治体では、看護師の加配により、親の付き添いがなく保育園に通うことができた例が複数あります。そういった前例と、ミーナの体調の良さからも、ミーナが保育園へ通うことは可能であると思っています。

立川市の保育課とは、今年3月より7回ほど、真摯な話し合いの場を設けていただきました。そこでは、他の自治体での前例を伝えるとともに、どうしたら安全に保育園での生活が送れるか、どうしたら現場の不安をぬぐうことができるのか等について話し合いを進めてきました。
子どもは何をするか分からないのも事実ですが、お兄ちゃんのお迎え時に園庭で遊んでいる姿をみていると、子どもたちは、ミーナの医療機器などについてよく尋ねて、何をするものであるのか理解してくれています。
少しボタンを押してしまったから、呼吸器の回路(ホース)をさわってしまったから…とすぐに命にかかわるようなものはありません。(医療機器なので、その辺はちゃんとロックもかかっています。)
考えられる危険や対処法について、思いつくものは全て伝えてありますし、ミーナについての冊子も保育園のお友達や先生に読んでいただけるように作成しました。

NHKの記事で
「たんの吸引は、家族でもできることなので、きちんと研修を受ければ保育士にもできると思う」
という文面が載っており、誤解されてしまっていますが、こちらは、取材の中で、
「将来的にはどのような社会になればよいと思っていますか?」
との質問に対する回答の一部です。
ミーナの保育園入園に関しては、保育課との話合いの中でも、他の自治体の例にもあったように、看護資格をもった介助員を付けて下さいとお願いしています
ただ、介助員だけに任せるのではなく、例えば鼻水が垂れている子どもの鼻を、ティッシュで拭いてあげるような感覚で、保育士さんもたんの吸引ができるようになればいいなとの、あくまでも理想です。保育士さんへのたんの吸引を要望している訳ではありません
介助員がつくことで、他の保育士さんに必要以上に負担がかかることはないと思います。
他の子どもと同じように接していただければと思っています。

保育士さんや、他の子どもの保護者の方が不安に思われることは当然だと思います。
他の自治体の例でも、最初は不安が大きかったと聞いていますが、園で一緒に生活する中で不安は徐々に軽減されていったそうです。

重度の障害を持っていても、人工呼吸器を付けていても、医療的ケアを必要としても、希望により、保育園や幼稚園への入園への道がもっと整ってくれればと願っています。

ニュースで取り上げて頂いたことで、多くの方に知って頂き、そして考えて頂けたことはとてもありがたいと受け止めています。

長くなってしまいましたが、皆様からのコメントの回答になればと思います。

P.S. このブログは母親が書いているブログではなく、父親のブログです。

|

« 要望書および署名の提出 | トップページ | コメントに対する追加回答 »

保育園」カテゴリの記事

コメント

多くの方が持つと思われる疑問なのですが、「看護資格を持つ介助員を行政が用意する」ことを要望しているのですか?
ご自分で用意することは考えないんですか?
立川市の予算にあなたの子供さんのため「だけに」必要な人員を用意しろと。
国家資格を持っている看護師を一人公務員として雇うには年間いくらの費用が必要だと考えていますか?
専門の支援学校だと友達はできないと思っているんですか?
子供さんの健康を第一に考えるならば支援体制の整っている学校を選ばれるべきではないのですか?
子供さんに罪はありませんし、お友達がほしいという気持ちも理解できます。
しかし、親のエゴを子供さんに押し付けていいのですか?
障害があっても皆と同じように育てたい気持ちは分からんでもないです。しかし、差別と区別は違います。
行政が提供している教育サービスがどれだけ大変かわかっていないように思います。
地域の友達と学ぶことが出来る環境を求めるなら、保育園じゃなくて幼稚園と交渉すればいいと思う。
そして自費で看護要員を確保するべきだと思います。

投稿: 通りすがり | 2009年12月18日 (金) 02時43分

マスコミお得意のねつ造がやっぱりあったのですね。
確かに介助員の方がいないと危険極まりないと思います。

あと良かったら他の疑問にも答えて頂きたいです。

★なぜ両親付き添いはしないの

★なぜ公立保育園なのか(障害持ちの子専門の機関でのイベントでもみいなちゃんは楽しそうにしてるのに、また待機児童も大勢いるのに不公平ではないのか)

★介助の人を雇う費用を負担するなら入園を許可すると言われているのに税金負担にしようとするのはなぜか


ご回答お待ちしております。

投稿: | 2009年12月18日 (金) 06時17分

ニュース見ました。
普通の子と同じようにという願いは同じ母親としてよくわかります。みなさま保育園側の心配をされてますがお母さまは心配ではないですか?私は看護士以外の他人に長時間病気の子を預かってもらうことは考えられません。しかも保育園は風邪ひとつひかない健康な子でもすぐ風邪をもらってきます。なぜわざわざ明奈ちゃんを危険な目にあわせるのでしょうか?子どもたちのイタズラも100%大丈夫というわけではないですよね?大丈夫だろうという考えよりもし何かあったら…他人に迷惑をかけたら…と思わないのでしょうか?不快に思われたら申し訳ないのですが、親なら子どもの安全を一番に考えるのではと思い質問させていただきました。

投稿: 保育園児のママ | 2009年12月18日 (金) 07時20分

Web上の記事をみてこちらに書き込んでおります。立川市柏町に親子二代で暮らしているものです。
文面より、かなり冷静な方だと思いますので戯言程度に聴いて頂ければ幸いですが、
行動に是非はつきものなのでそれは置いておくとして、この行動はお父様、お母様が独自で始められたものでしょうか?
それともどなたかの奨めで、若しくは背景に特定団体などの関与もあるのでしょうか?

マスコミに載った以上、その部分を感じ取っている方々も多いとは思います。
お父様、お母様、お兄さん、そして何より明奈さんが『利用』されていない事を祈るばかりです。

投稿: サトシ | 2009年12月18日 (金) 10時07分

お疲れさまです。

偉いですね。
私なら流してしまうコメントに、
丁寧に言葉を選んで…。

この誠実な返信を読んでいると、あらためて、
ミーナちゃんがどれほど愛され、
大事に育てられているかを感じます。

ミーナちゃんもおにいちゃんも、
そして、これからミーナちゃんに
出会う子どもたちも、
きっと、そのことを感じて、
幸せな気持ちになれると思います。

うちの娘のクラスに、
ミーナちゃんがいてくれたら、
楽しかっただろうな、と思います。

それよりも、私が、
ミーナちゃんのいるクラスの
担任になってみたかったな~。


投稿: yo | 2009年12月18日 (金) 10時46分

今朝、S先生より提出しました。と報告がありました。私達は署名しただけです。両親の熱き我が娘さんのみいなちゃんに対する愛情を感じました。
入所を願います。これからも色んな場面に遭遇するでしょうが頑張って下さいね。
大阪のOさんに署名用紙を送って頂きました。パソコンを初めてなのでプリント出来ずでした。

(実名部分はイニシャルへ変更させて頂きました kan)

投稿: T.K  | 2009年12月18日 (金) 14時38分

みいなちゃんのような個性をもって生まれてきた子も、その他の病気の子も、他の子どもたちと一緒に保育を受けられる、ユニバーサルな社会になるとよいですね

みいなちゃんのような特別な介助が必要なお子さんで、ご両親が働くために保育園への入園を希望しているご家庭は、立川市にどのくらいいらっしゃるのでしょうか。
みいなちゃんが入園できるなら、うちも、という方がいるかもしれませんね。
その方々全てに市が対応することになると、いったい市はどのくらい負担することになり、市はそのための財源をどう調達するのでしょうか。
それを、今回署名していない立川市民・納税者の皆さんは納得なさるのでしょうか。

他の一部の自治体では公費で介助員をつけているというのが、要望の根拠になっているようですが、それはその自治体の財政事情と福祉の理念によって可能になっているのでは?

これは、外部から見ると、市民の税金をいかに使うかという話であります。政治の話です。
「みいなちゃんとご両親の希望さえ叶えられればいい」あるいは「病気や障害と共に生きる方々が、よく暮らしていければいい」と受け取られかねないメッセージの発信の仕方ですと、
延々とインターネットなどで非難され続けるのでは、と思います。
この不景気で、どこの共働きの家庭も苦しいでしょう。子どもがいない世帯、独身者も不安ばかりです。
もし「この1事例の福祉のためにはお金をかけて欲しい、それがユニバーサルということだ、でも増税は反対(他の事業費を削ればいい)」という態度なら、住民・タックスペイヤーとして無責任な態度であるかと思います。
もちろん、市の財源や地域の医療資源の全般についてみいなちゃんのご両親も考えて提言すべき などと言うつもりはありませんが
そのような視点や主張があるなら、みいなちゃんのためにも示すべきだと思います。

社会保障や福祉・安全・治安などにはお金がかかります。今までの日本は、そこの支出が増えないように増えないように…としてきたと思います。
私は本当の意味での中負担中福祉のためには、消費税が10%になったって、全くかまわないと考えている人間です。
誰もが保育や教育の心配なく暮らせる社会をつくるためには、みいなちゃんのご両親と支援者の皆さんの声は重要なものであると思います。頑張ってください。

投稿: みいなちゃんが非難されないために | 2009年12月19日 (土) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 要望書および署名の提出 | トップページ | コメントに対する追加回答 »